外貨建て定期預金を国内他行へ送金する方法

外貨送金 お金と投資
外貨送金
この記事は約2分で読めます。

前回は三菱UFJ銀行に外貨建定期預金をするに至った経緯をお話しましたが、ここでは

ありやな
ありやな

・外貨建定期預金の満期後の運用方法

・外貨建預金を国内別銀行へ送金する方法

をお話したいと思います。

スポンサーリンク

外貨定期預金が満期になったあとの運用方法はどうしたらいい?

満期後の定期預金を銀行にそのままおいておいても、再度定期預金にしても、利率はどちらも0.01%・・・メリットないなぁ、と悩んでいましたところ、思い切って、米国株への投資をやってみようと思いました。

色々と調べてみたところ、米国株の投資をする場合、人気のある2大証券は以下になります。
  • SBI証券
  • 楽天証券

どちらにしようか悩みましたが、

  • ・SBI証券は外国株の取扱数が豊富なこと
  • ・もともと住信SBIネット銀行に口座を持っていたこと
  • ・住信SBIネット銀行に外貨預金をおいておくと、SBI証券への口座移行が即座にスムーズで行えること。

・・・という理由から、将来的にSBI証券で運用することを念頭において、三菱UFJ銀行から住信SBIネット銀行へ米国ドルを送金することに決めました。そうと決まっては、さっそく送金手続き・・・

まずは近所の三菱UFJ銀行支店窓口へお伺いしたところ(2020年12月)、窓口や、テレビ窓口(※)、さらにはインターネットバンキングでの取り扱いがない、と案内されました。(※今では少し変わっているかもしれません、正確な情報はこちら)結局 本人証明書類を持って外為取扱店へお伺いする他なく、やっと住信SBIネット銀行へ送金できました。

1月26日午前送金手配→1月28日着金確認 とれました。

送金手配にたどり着くまでは右往左往してしまいましたが、いざ手配すると、着金確認まで中1日と、早かったです。ただ・・・

前回のブログ初めての外貨建て定期預金から、

  • この2年定期預金で得た利益 978.08ドル≒102,698円(@105円/$)
  • 送金手数料 4,500円+外為取扱店への交通費 660円・・・・

結局 約5%の手数料がかかってしまいました。

スポンサーリンク

まとめ~外貨定額預金をしてみて感じたこと

  • 定期預金の満期完了後、どのように運用するのか予め考慮しておく必要あり。
  • 当然、満期完了後に円転するのも一つの運用方法だが、他の運用方法もチョイスに入れるためには、その後の運用に有利な銀行で預金したほうがいいかも。(メガバンクでの為替手数料や投資は手数料が高くメリットないため、ネット銀行がおすすめ)
  • ただし、外貨で生活する(海外で住む)等予定があるなら、また目的が異なるので、この限りではないかな。
タイトルとURLをコピーしました