音楽サブスク使うようになってCD処分しました~使い勝手のいい無料音楽サブスク3つご紹介

音楽サブスク お買い物
音楽サブスク
この記事は約4分で読めます。

音楽サブスクを使うようになって、CDをほとんど聞かなくなりました。そこで家の中で結構収納に場所を取っていたCDを処分するのに便利な方法と、その後、私が利用している3大無料の音楽サブスクご紹介します。

もう使わなくなったCDどうやって処分しよう・・・

スポンサーリンク

私の音楽サブスク 履歴

Google Play Musicに感動

2015年に仕事でアメリカ行ったときに、時差ボケで眠れないし、朝はやく起きてジョギングでもしよう~と思いスマホ片手にホテルを出ました。何か音楽でも聞きながら、と思って、たまたま見つけたのがGoogle Play Music。

なにこれ、聞きたい音楽いっぱい聞けるし、好きなように選べる!

めちゃくちゃ感動しました。無料でしかも広告無しで好きな曲をたくさん選べて、早送り巻き戻しできる。しかも「ジョギングの朝にぴったりの曲」みたいな特集を組んでくれていて、のりのりでジョギングできました。こんなサービス日本でもあったらジョギング楽しくできるのに~なんて思って帰国しました。

Google Play Musicに有料会員登録して、家のCD全部処分してすっきり

帰国して、Google Play Music探したらありました!が、アメリカでは無料だったんですが、日本では有料とのこと。月額980円。早速月額契約しました。ちなみに、好きな曲選べるし、ダウロードもできるし・・・家にあるCDを全く聞かなくなりました。そこで、家の中で収納に場所を取っていたCD100枚ぐらいをリサイクルショップに回収してもらいました。利用したのは下記もったいない本舗さん。

CD回収してもらうまでの流れ
  • STEP 1
    集荷依頼する
  • STEP 2
    段ボール箱が届く
  • STEP 3
    回収してもらうCDを詰める
  • STEP 4
    宅急便で送る(着払い)
  • STEP 5
    査定後、金額が指定口座に振り込まれる。ここまで約2週間程度

確か振り込まれたのは700円程度でしたが、処分にもお金がかかること、また送料が無料、送付するための段ボール箱を準備してくれること、引取は宅配業者が来てくれること、を考えると至れり尽くせりで、非常にありがたいサービスでした。

スポンサーリンク

無料で使ってみてよかった3大無料の音楽サブスクサービス

その後、Google Play Musicのサービスがなくなり、Google Play MusicはYoutube Musicに移行しましたが、それを機に、有料会員から無料会員になりました。現在は下記3つのサービスを主に利用しています。有料会員になることを前提とした無料での利用ではなく、あくまで無料でサービスを使う場合に使い勝手がいいと感じたもの3大サービスです。

YouTube Music 無料版

  • 自分の好きな曲を選べる
  • 次の曲、前の曲へ移動可能
  • Google スマートスピーカーとの連携可能
  • バックグラウンド再生ができない→スマホを閉じたり、別のアプリを開けると停止
YouTube Music
YouTube Music
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Spotify 無料版

  • バックグラウンド再生可能→外出時に使いやすい
  • Google スマートスピーカーとの連携可能
  • ポッドキャストがあって、音楽以外のジャンルもあり、好きな番組を選べる
  • 自分の好きな曲を選ぶことはできない
  • 前の曲へ戻ることはできない(次の曲へ移動は可能)
Spotify: お気に入りの音楽やポッドキャストを聴く
Spotify: お気に入りの音楽やポッドキャストを聴く
開発元:Spotify Ltd.
無料
posted withアプリーチ

インターネットラジオ

  • 日本国内だけでなく海外のラジオも聞けて、好きな国の言葉やニュースにも触れられる
  • 音楽だけでなくいろんなジャンルを選ぶことができる
  • バックグラウンド再生可能
  • 自分の好きな曲を選ぶことはできない
  • Google スマートスピーカーとの連携不可→スマートスピーカーとBluetoothでつなげばスピーカー経由で聴くことは可能
ラジオFM: 音楽、ニュース、スポーツなど盛り沢山
ラジオFM: 音楽、ニュース、スポーツなど盛り沢山
開発元:RadioFM
無料
posted withアプリーチ

無料サービスのまとめ

バックグラウンド再生する必要がないならYoutube、バックグラウンド再生する必要があれば Spotify、DJの声も聞きながらその国の雰囲気も楽しみたい時はラジオ、と使い分けています。最近はコロナ禍の影響もあり在宅勤務が増えていますが、在宅でこのような音楽サービス使いながら仕事することもあります。音楽のある生活を楽しんで、豊かな生活を送りたいですね!

タイトルとURLをコピーしました