住信SBIネット銀行の便利な使い方【目的別口座・自動振込サービス】

銀行振込 お金と投資
銀行振込
この記事は約3分で読めます。

目的別にちゃんとお金を貯める方法ってないかな?

お給料を別の口座へ振り込み忘れちゃって引き落としができなかった・・・忘れずに振込するのに便利な方法ってないかな?

こちらの記事では、下記のようなお悩みをお持ちの方にお役立ちできる内容になっています。

  • お金を貯めるために、新たに口座開設することなく普段の生活口座とは別の口座でお金を貯めたい。さらにはいくら貯まったのか、あとどれぐらい貯めればいいのか?その経過や達成率がひと目で分かるようにしたい
  • 給与振込口座は一つしか指定できないため、住宅ローンや他の支出で使っている別の銀行口座へ毎月決まった日に定額を確実に振込みたい

筆者も実際に使っている住信SBIネット銀行の便利な使い方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

いつもの口座とは別にお金を管理する目的別口座

住信SBIネット銀行では、口座開設したときに作られる口座の中に、目的別に管理できる別の口座を作ることができます。概要は下記のとおりです。

  1. ひとつの口座につき、5つまで目的別口座作成可能
  2. 目標を設定し、達成率がひと目で分かる
  3. 円・外貨で普通・定期預金が可能

上記2の達成率はこんな感じでひと目で分かるようになっています。

なお、この目的別口座への入金・出金は代表口座からの振替でネット上で瞬時に反映できます。

こうすることで、

  • 目的とする資金の貯蓄がしやすくなる、
    • 例えば、教育費、車を買うための資金、旅行に行くための資金など
  • 別口座で管理しておきたいまとまったお金をこの口座で別に管理ができる
    • 例えば、住宅ローン用の返済用資金や、臨時収入のお金など、他のお金とは混ぜて管理したくないもの

ちなみに筆者は将来の子供の学費を貯めるため(正確にはここである程度たまったら、ジュニアNISA口座へ移します)にこの目的別口座で管理しています。こうすることで目的達成までの道のりが目に見えてわかり、お金を貯めやすくなります。

スポンサーリンク

毎月定額を決まった日に他の銀行に振り込める定額自動振込サービス

給料の振込口座から、毎月の色々な支払をするためにさらに別の銀行へ毎月振込みをしないといけない場合、毎月決まったタイミングでいちいち振込みするのが面倒だったり、振り込みするのを忘れてしまったりするかと思います。そんな場合に、住信SBIネット銀行を給与の振込先口座に指定して、この定額振込サービスを利用すると、登録件数10件までを好きな日・曜日に設定して、自動振込してくれる、というサービスになります。下記図は住信SBIネット銀行より引用しています。

実際の設定画面はこちら

ただし、ランクに応じて振込手数料はかかる場合がありますのでご注意ください。こうすることで、毎月定額を必ず別の銀行口座へ振り込めるので、振り込み忘れる心配がなくなります。

まとめ

以上、住信SBIネット銀行口座の便利な使い方2つを見てきました。他の銀行、特にメガバンクではないようなサービスかと思います。このようなサービスを活用して、資金形成に役立てていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました